Xserverのファイルパスの設定

今回は画像のファイルパスをどこに置けばいいのか紹介します!

//目的

//kiu-live.com/banner.jpg
↑のURLで他の人でも画像を使えるようにしたい!!
ということです。
例えば、
<img class=”alignnone size-full wp-image-208″ src=”//kiu-live.com/banner.jpg” alt=”” width=”200″ height=”40″ >
こんな時に使いたいな〜って感じだったんですが

ワードプレスのメディアから画像を入れていたのですがうまくいかない!!!_:(´ཀ`」 ∠):
このimgタグのsrcが長いとカッコ悪いな〜と思い、プラグインとか入れてファイルを移動してみたけど結局変えることはできず
調べていたらそもそもワードプレスじゃ無理!!ってことに気づきました・・・
ここまで気付くのに結構時間かかりました(( _ _ ))..zzzZZ

とりあえず自分が今回直したやり方はサーバー側(自分の場合Xserver)に画像を置くことで解決しました!!!٩( ‘ω’ )و

やり方は下記をみてください!!

//やり方

Xserverに画像を置く!

まずはXserverにログインします!

その次にファイルマネージャーを開きます
その中に自分のホームページのドメイン名があると思います。(自分の場合:kiu-live.com)
このフォルダの下にpublic_htmlというフォルダがあります。

このフォルダの下からパスが続いているので、今回の場合だとここにbanner.jpgを入れます。
もし//kiu-live.com/image/banner.jpgとやりたい場合、
public_htmlフォルダの中にimageフォルダを作ってその中にbanner.jpgを置きます。

これで自分も使えるし、フリーリンクとしても使えるので便利です!!



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。